11月でも楽しめる阿嘉島の魅力とは?【沖縄の離島】

こんにちは、Seiji(@tabirico_)です。

先日阿嘉島に日帰りで行ってきました。

控えめに言っても

「サイコー!!!!!!!!!!!」

でした。

夏のシーズンはとっくに過ぎていますが、11月でも十分楽しめます。

いや、人によっては今の時期の方が楽しめるかもしれません。

今回は11月でも楽しめる阿嘉島の魅力をご紹介します。

Seiji

こういうあなたにオススメ!

  • 離島に行きたいけど時間があまりないから日帰りでサクッと行きたい
  • キレイな海が見たい
  • あまり観光客がいない場所でのんびりしたい
  • 写真を撮りたい
  • 天然記念物の野生動物が見たい
  • 夏以外のシーズンオフに沖縄で楽しめる場所を探している

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

アクセス抜群!那覇から日帰りで行ける

阿嘉島は船で行く沖縄の離島の中でも最もアクセスしやすい島のひとつです。

那覇の泊港からフェリーざまみやクイーンざまみ(高速船)に乗れば1時間前後で着くので余裕で日帰り観光ができるわけです。

なので「せっかく沖縄に来たけど時間がない。でも離島にも行きたいなー」という人も行けますよ^_^

時期によって船のダイヤは変わりますが、

フェリーだと約1時間半〜、高速船だと約50分〜で着きますよ。

2018年11月現在の料金は

・フェリーざまみ

大人:片道 2,120円、那覇発往復 4,030円

・クイーンざまみ(高速船)

大人:片道 3,140円 那覇発往復 5,970円

往復で買ったほうが少し安くなりますね。

オンライン予約もできるので詳しくは

座間味村のHP

「世界が恋するケラマブルー」が見れる

阿嘉島は渡嘉敷島や座間味島などとともに慶良間諸島にある離島のひとつです。

慶良間諸島周辺の海はケラマブルーと呼ばれ、

「世界が恋するケラマブルー」というキャッチがあるくらい美しく、その海を見るために世界中から観光客がやってきます。

11月でも圧倒的にキレイな海を見ることができ、橋の下を覗くとウミガメが優雅に泳いでいました^_^

ただしケラマブルーがあまりに美しくて写真を撮りすぎ、電池を消耗してしまうことには要注意です。w

ほとんどの観光客は隣の座間味島で降りる

僕が行った時、フェリーの中にはけっこう観光客がいたのですが、ほとんどの人は途中の座間味島で降りました。

おそらく知名度的には座間味島の方が有名だからだと思いますが、同じ慶良間諸島にある島なのでケラマブルーが見れることには変わりません。

僕は座間味島にも行ったことがありますが、阿嘉島の方がどこか田舎っぽく離島らしさが残っていて好きです。

座間味島でほとんどの観光客が降りたのに加えてシーズン後の11月ということもあってか、島を周っていてもほぼ人とすれ違うこともありませんでした。

静かでのんびりしたい人にはぴったりの島ですね。

天然記念物「ケラマジカ」が普通に見れる

天然記念物といえば珍しくてめったに見れないというイメージですが、阿嘉島ではけっこう頻繁にケラマジカを見ることができます。

僕は日帰りで行き、約6時間阿嘉島に滞在していたのですが、そんな短時間でも5〜6匹のケラマジカに遭遇しました。

野生動物を見るだけでも興奮するのに、天然記念物をこんなに見れるとか動物好きには最高の島ですよ!

まとめ

シーズンオフの11月でも美しいケラマブルーが輝き、天然記念物のケラマジカを見ることができる阿嘉島。

隣の座間味島と比べると観光客は少なくのんびりできるし、マイペースに好きな写真を撮ることもできる阿嘉島。

そして那覇から日帰りで気軽に行ける阿嘉島。

もちろん時間に余裕があるなら宿泊して夕日、星空、朝日を見るのもオススメですよ!

沖縄は夏のイメージが強いですが、シーズンオフでも十分に楽しめる場所もありますのでぜひ阿嘉島へ遊びに行ってみてくださいね^_^

最後まで読んでいただきありがとうございました!

良い旅を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする