【保存版】幻の百合ヶ浜!与論島観光で必ず行きたいおすすめ絶景6選

与論島の百合ヶ浜

こんにちは、Seiji(@tabirico_)です。

沖縄の那覇からフェリーで4時間50分で行ける鹿児島県の与論島。

幻の百合ヶ浜をはじめとしたビーチはもちろん、

朝日や夕日、星空スポットにインスタ映えスポットなど

与論島にはたくさんの魅力的なスポットがあります。

そこで今回は、

与論島観光で必ず行きたい!おすすめの絶景スポット6選をご紹介します。

Seiji

  • 与論島に行ってみたい
  • 絶景スポットを探している
  • 満天の星空が見たい
  • インスタ映えしたい

そんなあなたにオススメ!

スポンサーリンク
レスポンシブ広告

【動画版】与論島観光おすすめ絶景6選

YouTubeでも与論島観光おすすめ絶景6選を紹介しているのでよければご覧ください!

幻の浜!百合ヶ浜

与論島の百合ヶ浜

まず最初にご紹介するのは百合ヶ浜

与論島に関する観光サイトやガイドブックには必ず載ってるであろう人気スポット!

与論島で最も有名な絶景スポットで、

春から夏にかけて中潮から大潮の干潮時だけに姿を現す幻の浜です。

与論島の百合ヶ浜

エメラルドグリーンの海に浮かぶ白い砂浜はまさに天国!

うっすらと水が張る百合ヶ浜はまるでウユニ塩湖のようにも見えます。

与論島の百合ヶ浜でSUP

海の中も楽しめるし、海の上をSUPで散歩するのもおすすめです!

詳細記事はこちら

【与論島の幻の浜】百合ヶ浜が絶景すぎておすすめ!

与論島最大のビーチ!大金久海岸

与論島の大金久海岸を散歩

2つ目にご紹介するのは大金久海岸

与論島最大のビーチで沖合1.5km先に百合ヶ浜が現れます。

与論島の大金久海岸にある百合ヶ浜の看板

大金久海岸には百合ヶ浜の看板がありますが、

それはおそらく拠点となるビーチだからだと思います。

長く続く真っ白のビーチを散歩するのが最高に気持ちいい!

神秘的な朝日を見よう!タイムトンネル

与論島のタイムトンネル

与論島に来たなら早起きして朝日が見たい!

それならタイムトンネルが絶好の朝日スポット。

与論島のタイムトンネルから見る朝日

大きな岩でできた穴から朝日がもれるその様子はまさにタイムトンネル!

神秘的な絶景を見ることができますよ\(^o^)/

グーグルマップでシーマンズビーチと検索すると行けます。

屋根付きのベンチが目印で坂道を下ればタイムトンネルがあります。

穴場なのか2日連続で来ても誰とも会わずのんびり朝日を眺めることができました。

詳細記事こちら

【与論島の絶景朝日スポット】インスタ映えするタイムトンネルがおすすめ!

与論島で夕日も見たい!兼母海岸

与論島の兼母海岸の夕焼け

朝日も見るならもちろん夕日も見たいですよね。

与論島の夕日スポットといえばサンセットビーチで知られる兼母海岸

プリシアリゾートの目の前にあります。

波の音を聞きながらぼんやり夕日を眺めるのに最高のスポットです。

インスタ映えする絶景ブランコ!パラダイスビーチ

与論島のパラダイスビーチのブランコ

5つ目にご紹介するのはパラダイスビーチ

真っ白いビーチにブランコとかまさしくインスタ映えですね。

美しすぎるヨロンブルーに向かって漕ぐブランコは最高に気持ちいい!

与論島のパラダイスビーチの奥にある穴場スポット

ビーチ沿いを奥に進んでいくとちょっとした隠れ家のような場所があり、

太陽の光を遮れる穴場スポットもありますよ♪

詳細記事はこちら

【与論島でインスタ映え】パラダイスビーチの絶景ブランコが気持ちいい!

夕日も星空もインスタ映えも全部楽しめる!ヨロン駅

与論島のヨロン駅

インスタ映えするヨロン駅は与論島でも人気の観光スポット。

与論島のヨロン駅

おきなわ-かごしまをつなぐロマンあふれる鉄道です!

実はヨロン駅の真下には美しいビーチが広がっており、

タイムトンネルで朝日を見てここで朝ごはんを食べるのが与論島旅行中の楽しみでもありました(^o^)

与論島のヨロン駅から見る夕日

与論島のヨロン駅から見る星空

さらに夕日や星空も非常に綺麗に見えるので、

ヨロン駅は朝から夜まで楽しめちゃうおすすめスポットです!

詳細記事はこちら

【与論島の絶景星空スポット】ヨロン駅は地元の人もすすめるほどエモい!

さあ絶景を見に与論島へ行こう!

与論島の百合ヶ浜

以上が与論島観光で必ず行きたい!おすすめの絶景スポット6選でした。

幻の浜百合ヶ浜をはじめとした美しいビーチがたくさんあり、

朝日に夕日、星空スポットに加えてインスタ映えスポットもある与論島。

感動するほど綺麗な与論島の海「ヨロンブルー」を見に、

ぜひあなたも与論島に行ってみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よい旅を!