早起きは本当に三文の徳なのか?実験してみた

こんにちは、Seijiです。

あなたは「早起きは三文の徳」ということわざをご存知ですか?

最近寒くて朝布団から出るのがなかなか億劫なのですが

いつも7:30に起きていたのを30分だけ早起きしてそのことわざが

本当に正しいのか実験してみました。

今回は

早起きは本当に三文の徳なのか?実験してみた

をご紹介します。

結論から申し上げると

Seiji

時間を有効活用できる上に、集中力もアップ。心身ともに充実するので徳(得)だらけだった。

ということです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

早起きをしようと思った理由

Apple元CEOのスティーブ・ジョブズをはじめ、スターバックスCEOハワード・シュルツやオバマ元アメリカ大統領などすごい人たちが早起きを習慣化させていたからです。

やはり成功している人たちがやるからには何かしらの良い理由があるはず。

さらには早起きは三文の徳という昔からののことわざもあるので

早起きしてみることにしました。

実際に早起きして得たメリット

時間を有効活用できる

たかが30分ですが、いつもより早起きすることで

圧倒的に時間を有効活用できるようになりました。

僕は本を読むことが好きなのでその生まれた時間を

読書に割り当てたりブログを書いたりしています。

1日30分、1週間で3.5時間、1ヶ月で約15時間、

1年で約180時間!

180時間といえば7.5日分にあたります。

まさに塵も積もれば山となるで、

1日たったの30分早起きするだけでこれだけの自由な時間を

生み出すことができるのです。

早起きする成功者が多いことに納得です。

他の人が寝ている時間に起きて活動しているわけですから。

集中力がすごい

昼や夜に本を読んでいたらけっこうすぐに眠くなるんですが、

朝はめちゃくちゃ集中して読むことができます。

知識がバンバン頭に入ってくるのがわかるので、

勉強もはかどるし、ブログもわりとスラスラ書けます。

精神的に充実する

朝の空気は澄んでいるせいか、とても美味しく感じます。

さらに30分だけでも心にだいぶ余裕が生まれるし、

余裕が生まれているからか早起きの30分は普段の30分より

ゆっくり時間が流れているかのような錯覚に陥ります。

なので精神的にもとても充実感を得られてポジティブ感がハンパないです。

優越感に浸れる

他の人が寝ている間に自分は活動しているんだという、

ちょっとした優越感に浸れます。w

早起きをしているあなたは充実しているのです。

健康管理が上手くいく

早起きするために早寝するようになり、

夜飲みに行く回数も格段に減りました。

早寝早起きすることで心身ともに健康的で充実しています。

周りでは風邪が流行っているのに僕は風邪を引いてません。

まとめーこれからも早起きを習慣化させていく

実験の結果、早起きは三文の徳は正しかったです。

三文どころかめっちゃ徳でした。

現在は30分早起きですが、これからも少しずつ起きる時間を

早くして習慣化させていこうと思います。

あなたも三文の徳を味わってみては?

ということで改めて結論を申し上げると、

Seiji

時間を有効活用できる上に、集中力もアップ。心身ともに充実するので徳(得)だらけだった。

ということでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

良い旅を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする