【知らなきゃ損する】タイ旅行おすすめ絶景観光スポット7選

タイの絶景7選

こんにちは、Seiji(@tabirico_)です。

「海外旅行に行きたい!」

「タイに行きたい!」

率直な気持ちからお伝えしました。

タイは沖縄からたったの4時間半でバンコクまで行けちゃうので、かなりおすすめの海外旅行先のひとつですが今はまあこういう状況なので行けません・・・。

というわけで少しでもタイ旅行している気分になれるように、今回はタイの絶景観光スポットをまとめてみました。

今までにタイに3回行って有名観光地から穴場スポットまでめぐり、その中でも特におすすめできる絶景を7つ選んだのでご紹介させていただきます。

Seiji

「おうちでタイ旅行を味わいたい!」

「海外旅行ができるようになった時の旅先候補をリサーチしたい!」

「タイが好き!」

「絶景が好き!」

そんなあなたにおすすめ!

情報量満載の動画もどうぞ(*´∀`*)

他にも旅の絶景・秘境・穴場スポットを旅Vlogとしてアップしているのでぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

タイ旅行絶景観光スポット①タレーブアデーン

タイ東北部ウドンタニからほど近いタレーブアデーンは「赤い睡蓮の海」を意味する呼び名で12〜2月にピークを迎える期間限定の絶景です。

水面を覆うビビッドカラーの睡蓮をボートで進んでいると、幻想的すぎて天国にいるかのような感覚に!?

★詳しくはコチラの記事

【2019年版】絶景!赤い蓮の湖「タレーブアデーン」の行き方【ウドンタニ】

タイ旅行絶景観光スポット②ワット・ロンスアテン

青い寺ワットロンスアテン

ワット・ロンスアテンは「ブルーテンプル(青い寺)」とも呼ばれており、めっちゃ青い寺です。

タイ最北の地チェンライにある絶景寺で、次に紹介するワット・ロンクンとともにチェンライを訪れたら絶対に行くべきおすすめスポットです。

★詳しくはコチラの記事

ブルーテンプルへの行き方【チェンライのインスタ映えスポット】

タイ旅行絶景観光スポット③ワット・ロンクン

白い寺ワットロンクン

ワット・ロンクンは「ホワイトテンプル(白い寺)」とも呼ばれており、めっちゃ白い寺です。

ワット・ロンスアテンと同じくチェンライにある絶景寺で、白さもすごいのですが何より驚かされるのはその奇抜さ!

地面から生えるあの無数の手を見たらその日は眠れないこと間違いなし!

★詳しくはコチラの記事

ホワイトテンプルへの行き方【チェンライのインスタ映えスポット】

タイ旅行絶景観光スポット④ワット・パクナム

ワットパクナム

ワット・パクナムはインスタでも話題になっていたので行ったことある人も多いハズ!

絶景寺の代名詞的存在で(←僕が勝手に言ってるだけ)、サイケデリックな天井画に魅了されること間違いなしです。

★詳しくはコチラの記事

【時間ない人必見】1日で周れるバンコク良いとこどりオススメプラン

タイ旅行絶景観光スポット⑤ラチャダー鉄道市場

光り輝くラチャダー鉄道市場

ラチャダー鉄道市場は地元の若者や観光客を中心に話題のナイトマーケット。

ナイトマーケットを楽しむのはもちろん、隣のショッピングモール「エスプラネード」の駐車場4Fからはインスタでも話題になったあの絶景が見れますよ!

★詳しくはコチラの記事

【時間ない人必見】1日で周れるバンコク良いとこどりオススメプラン

タイ旅行絶景観光スポット⑥エラワン・ミュージアム

巨象の像(←ややこしい)が迎えてくれるエラワン・ミュージアム。

バンコクにある割には、同じくバンコクにあるワット・パクナムやラチャダー鉄道市場ほど知られていない穴場スポット。

タイにいながらもヨーロッパを味わえちゃうので一石二鳥!知らなきゃ損!

★詳しくはコチラの記事

【2019年版】エラワン・ミュージアムの行き方【タイのヨーロッパ!】

タイ旅行絶景観光スポット⑦サンクチュアリ・オブ・トゥルース(真実の聖域)

「アジアのサグラダ・ファミリア」という異名を持つサンクチュアリ・オブ・トゥルース。

いまだ未完成の巨大木造建築物に圧倒されること間違いなし!こんなにすごいのに日本ではあまり知られていないことがもったいなすぎます。

パタヤにあり、バンコクから日帰りで行けるので必見です。

★詳しくはコチラの記事

日帰り可!パタヤのサンクチュアリオブトゥルース【アジアのサグラダファミリア】

タイ旅行に行きたくなりましたか?

以上がタイ旅行おすすめ絶景観光スポット7選でした。

今は妄想旅行するしかありませんが、海外旅行ができるようになった時のためにぜひ旅先の候補に入れておいてくださいね(*´∀`*)

僕は動画や記事を作りながらタイ旅行に行きたくなりました!

これからもしばらくはコンテンツを作成しながら旅行した気分になりたいと思います。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よい旅を!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする